読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケスケラの徒然日記

このブログでは日々の気づきをランダムに記録します。

幸福について

世間一般で幸福ということは金があって交友範囲が広くて社会的名声もある、そういう人生が幸福であると思われているようだが、たとえそれらの条件がすべて揃っていても、自分の本当にやりたいことがやれないのは不幸なことである。そして家柄の良い家庭ほど何かと世間的な制約が多いものである。

日本国憲法は幸福追求権を保証しているが、「公共の福祉に反しない限り」という制約がある。「公共の福祉」とは大仰だが、憲法学者の見解では他人の幸福追求権と衝突しない限りということのようだ。

だが、よく考えてみると幸福というものは他人の幸福と衝突する場合が多いのである。特に色恋沙汰ではそうであろう。不倫は夫や妻の権利を侵害するのである。

まあ、要するに他人に迷惑をかけない限りという人として当たり前の制約があるに過ぎないのだが、幸福追求というのは大人げない面もある。他人に迷惑をかけてはいけないのは当然だが、そのために自己の幸福追求を断念しなければならないのであれば、それは不幸なことである。

つまり日本国憲法は現在の幸福な秩序の維持存続を保証しているのであって、現在の幸福な秩序を紊乱するような新たな幸福追求の権利は一切認めていないのである。

すると次に提起される問いは、現在、幸福である者は(私を含めてそうだが)果たして潔白であるかどうか、これである。元々、幸福追求が他人の幸福追求と衝突するものであるなら、現在の幸福もまた過去の闘争の結果であるかもしれない。他人に迷惑をかけない限りという「公共の福祉」に対しては疑問符が叩きつけられるべきである。不穏なことを言うようだが、法の理念はあくまで理念であって現実とは異なる。現実の社会は「公共の福祉」という葵の御紋にすべての者がひれ伏して、すべての人が相争うことなく幸福追求しうる社会であろうか? 非正規雇用や残業でエゲツないほど収奪されている人々に尋ねるがいい。

こうしてみると芸術家が幸福である理由が分かる。ただ彼が幸福であるのは、自己の芸術的欲求を色恋沙汰や金儲けよりも上位に置く場合である。その場合に限り、その芸術的欲求は他人の利害と対立しないからである。同様に学問的探究を最上位に置く学者も幸福であろう。だがそういう色恋を断念したアルベリヒのような人間は希有である。独身を貫いたスピノザやカントは幸福であったかもしれない。

スピノザは幸福追求を哲学の目的としているが(知性改善論序文)彼の言う「幸福」とは世間的な幸福とまったく異なるものである。では信仰による幸福かといえば、『エチカ』の諸定理に信仰という言葉はない。スピノザは人間ではなく、神という絶対から出発して幸福を演繹しているのである。それは自己同一性に基づく幸福ではなく、神の様態変様としての自己肯定による幸福であり、彼にとって自己の幸福とは他者である神の幸福を意味する。第三種の認識は自己の完成ではなく、自己解体による人間からの離脱である。

サドもまた、幸福とは自尊心が生み出す幻影に過ぎないと述べている。世間的な幸福は自己同一性においてのみ成り立っているに過ぎない。それは戸籍の幸福である。そして自己の欲求を自然の代理としている。サドもスピノザと同様に自己の幸福を自然の代理としての幸福としており、神=自然とするならば、スピノザの幸福概念と驚くほど類似している。両者が主張していることは、人は本当に自分のやりたいことをやるという最高の幸福においては、自分以外のもの(神=自然)に変貌するということだ。

こうしてみると、自己の内発的欲求を満たすことが幸福であるにせよ、その内発的欲求そのものが自己のものであるかどうか疑わしいのであり、自己責任などというものは存在しないのである。

こうした見解は何ら目新しいものではなく、それこそがまさに流行の一種であるが、再度、幸福というものを考えてみると、確かに自己が変容しないような幸福は単なる現在の延長であって幸福とは言えないだろう。エクスタシーは自己からの離脱である。

私としては他人と争うような気力はない。あくまで気力がないのであって、争い自体を否定しないし非難するつもりもない。もちろん、攻撃に対しては反撃するが、攻撃する側にもそれなりの事情があり、その人なりの幸福追求であろうと思う。ただ、私としては哲学的探究を最上位に置いて社会的利害に反しないように幸福追求したいと願うばかりである。