ケスケラの徒然日記

このブログでは日々の気づきをランダムに記録します。

日本国憲法について

私は主観的には右でも左でもなく科学的見地に立ちたいと思うのだが、事実を事実として見る限り、日本国憲法9条には欺瞞的なところがある。憲法9条を批判しただけで、即座にネトウヨ扱いされそうだが、世間で流布している憲法論議とは異なる視点を提示してみたい。

憲法9条が欺瞞的である思う理由は、そこで謳われている永久平和主義の理念は理念として謳われる限り美しいが、それを現実行動に移すことが不可能な理念だからである。その意味では憲法9条は昔の満州国の「五族協和」に類似している。もし満州国の国民が「五族協和」という理念を現実行動に移したならば、その現実行動は必ず日本の軍部と対立したはずである。満州国は日本軍部に従う限りにおいて「五族協和」という理念を単なる言葉として享受していたにすぎない。同様に日本国民が憲法9条の理念を現実行動に移すならば、つまり欺瞞ではなく真の自立外交として米国の核の傘から離れて行動するならば、必ず米国の軍部と対立するであろう。日本国民もまたかつての満州国民と同様、米国という最強国に従う限りにおいて「永久平和」という理念を単なる言葉として享受しているにすぎない。米国の航空母艦に随行する自衛隊は、関東軍に参加する満州国軍とまったく同じである。これが憲法9条の「永久平和主義」が「五族協和」と同様、理念としてのみ美しいと思う理由である。

欺瞞だと思う理由がもう一つある。

それは日本国憲法そのものが形を変えた戦争であるということだ。法の本質がゲバルトであることは法学者の常識である。日本国憲法は強者と弱者の戦いを永久戦争として宣言するものであり、私的所有権を保証することで、強者(より多く所有する者)の権利を弱者の権利よりも大きく保証するものである。もちろん表向きは福祉国家として強者の権利を制限しているが、それは弱者が強者よりも少ない実質的権利で生き延び、かつ労働力商品として再生産されることを保証することにより、強者と弱者との戦争を恒久化しているのである。

このように日本国憲法は国内での強者と弱者の永久戦争を保証しつつ、国外での対外戦争においては強国に従属する弱者として永久に戦争放棄することを謳っているのである。

以上から導かれることは、憲法というものにあまり熱くならず、科学的に事実を観察して冷静に現実行動を選択することである。私の見るところ、現行の憲法論争は、欺瞞する者が自らの言葉に欺瞞され、欺瞞される者が欺瞞にしがみついているにすぎない。そろそろ我が国民は本気で思考するべき時がきているのではないか。